格安航空券購入で失敗しないための基礎知識



      このエントリーをはてなブックマークに追加

格安航空券ってどんなもの?

格安航空券とは、飛行機を利用する時に通常の航空運賃よりも、最大で7割ほど安い値段で購入できる航空券のことです。

インターネットで検索すると、取扱い窓口のページを容易に見つける事ができるので、インターネット回線が利用できる環境であれば、それほど戸惑うことはないでしょう。行先や条件設定により、割引率は異なりますが、区間変更や日時変更できないタイプで最も高い割引率となります。事前購入という形で、数日前よりも数か月前からの方が割引率が高いのが特徴です。


格安航空会社とは異なり、正規料金ではそれなりの値段になるので、もともと航空運賃が低い航空券とは違い、事前購入による割引適用以外は、ほとんど正規利用と変わらないサービスが受けられます。国内はもとより、海外便の利用に対しても利用が可能ですが、基本的には日時変更の設定を変更することはできません。日時変更ができるタイプの格安航空券になると、値段がかなり上がってしまい正規の航空券より若干安い程度になってしまいます。


そのため、格安航空券を利用する場合、行きと帰りで確実に搭乗できるようにしなければならなくなるので、旅程の計画を確実にしておかなければなりません。天候不順により、欠航となることが予想される場合には、若干のリスクが伴うので注意しましょう。


格安航空券は早く購入すればするほどお得

1ヶ月を切ると割引率が減少していくので、計画が固まり次第、できるだけ早く申し込むことが、航空運賃を安くあげるためのポイントです。国内ではほとんど意識することはありませんが、海外に行く際には燃料サーチャージもかかってきます。

格安航空券を購入しても、この燃料サーチャージ分の料金は変わらないので、海外旅行の場合は、事前に燃料サーチャージの相場を確認しておくと良いでしょう。意識しておかないと、別料金で提示されている場合もあるので、総額提示で購入できる方が無難です。


燃料サーチャージの金額を抑えるには、経由地や乗り継ぎ便で金額が変わってくるため、相場をしっかりと把握し、複数の路線を検討するのが良いでしょう。購入するサイトによっても、同じ路線での最安値が若干異なってくるので、少しでも金額を抑えたい場合は、複数のサイトを比較検討するのが基本です。

ABOUT

運営者
快適旅生活
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。